お茶の美里園 三代目のブログ

お茶畑の様子や畑しごと、田舎のくらしを綴っています。
立春
各地で寒さの厳しい2月のスタートになりましたね。

鹿児島でも雪が舞う程の寒さ…^^;

立春の今日はその名にふさわしく暖かな小春日和。

毎年思うのですが、この日が来ると今年も新茶への
カウントダウンが始まったな〜と一人そわそわしてしまいます。

まだまだ...

いやいや、

もうすぐ...

てな感じです。

童謡の茶摘み歌にでてくる「夏も近づく八十八夜〜♪」は
立春から数えて八十八夜目のこと、お茶以外にも様々な植物たちが
生命力に満ち溢れ、芽吹いてくる頃。

イメージするだけでエネルギーが湧いてくるような気がしませんか?

でも四季の中で一番好きなのは冬なんですよね!!

寒い季節だからこそ、暖かいものに触れた時、ものすご〜く幸せを感じる。

他の季節には味わえない感情です。

嗚呼、暖かいほうじ茶が飲みたくなってきた。





| 三代目 福 | 季節の便り | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ochanoha.com/trackback/1431032
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ 最近の日記
+ 最近のコメント
+ カテゴリー
+ バックナンバー
+ おすすめリンク
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ プロフィール